\ 最大10%ポイントアップ! /

最新!Office2021をタダで使う!(2022年1月17日まで)

  • URLをコピーしました!

タダで使えると言ってもプレビュー版です。
とりあえず、2022年1月17日まで使えるのでインストールしてみます

・無料で使えます
・インストールされるのは、Office2021ProPlus(Excel,Word,PowerPoint,Outlook
・2022年1月17日まで試用できるプレビュー版です。
・Windows10 または Windows11に対応
・Office2021自体は2021年10月5日発売
・officeインストールされていないパソコンを持っていて
 取り急ぎ、ExcelやWordで編集したいものがあるような人にはありがたい!

目次

office展開ツールのダウンロード

Office 展開ツール(Office Deployment Tool) ⇐ここをクリックしてダウンロードサイトを開く

言語が English となっていますが日本語版がインストールされるので気にせずに
「Download」ボタンをクリックして「officedeploymenttool_xxxxx-xxxxx.exe」をダウンロードする

Office2021インストーラーの展開

ダウンロードした「officedeploymenttool_xxxxx-xxxxx.exe」を実行してファイルを展開します。

まずは、ライセンスの同意にチェックをつけて、「Continue」をクリックする。

ファイルの展開先を確認されるので、どこかわかりやすい場所に、わかりやすいフォルダを作成して展開しましょう。

今回は c:\office2021 にしました。この方があとでラクできます

このようなファイルが展開されましたか?

configuration(xml)ファイルの編集

続いて、「setup.exe」を実行したい気持ちをぐっと堪えます。

ぐっと堪えたら、「configuration-Office365-x64.xml」をメモ帳で開きましょう。こんな感じでしょうか?

これを一度全部消して、以下をコピペして保存します。

<Configuration>
 <Add OfficeClientEdition="64"  Channel="PerpetualVL2021">
    <Product ID="ProPlus2021Volume" PIDKEY="T3N47-WVHW9-VCT2V-QKP29-P393W" >
        <Language ID="ja-jp" />
   </Product>
 </Add>
 <RemoveMSI />
 <Updates Enabled="TRUE" />
 <Property Name="AUTOACTIVATE" Value="1" />
</Configuration>

このようになりましたか?

office2021プレビュー版のインストール

これで準備は整いましたので、早速インストールを開始していきます。

またしても、「setup.exe」を実行したい気持ちをぐっと堪えます。

ぐっと堪えたら、管理者権限でコマンドプロンプトを実行します。
(例 スタートボタン→cmdと入力→コマンドプロンプトを右クリ→管理者として実行)

画面はWindows11ですが、操作はWindows10でも同じです

ここ、管理者って出てますか?出ていれば正しく管理者権限で起動できています。

続いて、office2021を展開したフォルダに移動します。
解説通り、c:\office2021に展開した場合下記の文字列をコピペして貼り付けてエンターキー。

cd c:\office2021

すると、こうなります。

次は、これをコピペしてエンターキー

setup/configure configuration-Office365-x64.xml

設定などが正しければ、セットアップが始まります。

こんなエラー画面が出た時は

 ①インターネットにつながってない
 ②HDDの空き容量が足りない
というものなので、この2点をチェックしましょう。
特にHDDの空き容量ですが10GB空いててもエラー出たので15GB以上の開けておいた方が良さそうです。

これでインストール完了です。

あんまり変わらない?w

普通に編集・保存もできるので
新機能試したいとか、急ぎでExcel使いたい方にはいいかも。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次