\ 最大10%ポイントアップ! /

Windowsアップデートを半永久的に止める方法

  • URLをコピーしました!

Windowsアップデートを止めたいって思うときありますよね。

アップデートしたら不具合出るから嫌だって人も多いと思います。そこでWindowsアップデートを止める方法を2つご紹介します。

ウィルス対策として「Windows Defender」を使ってる方は要注意!「Windows Defender」の更新はWindowsアップデートで入ってくるので更新が止まってしまいます。

目次

超簡単に35日間アップデートを止める方法

難しいことは嫌!少し手間でもいいからできるだけ簡単にアップデートを止めたい!という方向け。

Windowsアップデートの画面を開く

キーボードの「Windowsキー」を押しながら「Iキー」を押して設定の画面を開きます。

設定画面が開いたら、「更新とセキュリティ」を開きます。

Windowsアップデートの画面が開きました。ここでは「最新の状態です」と出ていますが、PCの状態によっては表示が異なっている場合があるかもしれません。

「今すぐ再起動」となっていたらあきらめて一度再起動しましょう。どちらにせよ数日以内に強制再起動されます。

次に、「更新を7日間一時停止」を押します。

すると、「更新プログラムが一時停止しています」の表示に変わり、7日間更新が止まります。

さらに、 「更新を7日間一時停止」を 押せなくなるまでポチポチします。すると、35日間先まで更新を止めることができます。

あとは、定期的にこの画面を開いて 「更新を7日間一時停止」を 押して更新を先延ばししましょう。

Windowsアップデートを再開したくなったら

「更新の再開」をクリックすれば再開されます。再開すると、その時点でアップデートが開始されますので注意しましょう。

さらに半永久的にアップデートを止める方法

先ほど、「超簡単に35日間アップデートを止める方法」をご紹介しましたが、ここまでは作業同じなのでそこまで作業してきてください。

そこまで作業が終わったら、以下の手順を開始しましょう。

更新を停止するパッチ(レジストリファイル)を作成する

画面上の何もないところで、右クリックして「新規作成」→「テキスト文書」をクリックします。

次に、名前を変更します。名前はなんでもいいですが、拡張子は「.txt」から「.reg」に変更して保存しましょう。

続いて、ファイルを右クリックして「編集」を押しましょう。

すると、メモ帳が開くので以下のコードをコピーして貼り付けてください。

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings]
“PauseFeatureUpdatesEndTime”=”2099-12-31T23:59:59Z”
“PauseFeatureUpdatesStartTime”=”2021-01-01T00:00:00Z”
“PauseQualityUpdatesEndTime”=”2099-12-31T23:59:59Z”
“PauseQualityUpdatesStartTime”=”2021-01-01T00:00:00Z”
“PauseUpdatesExpiryTime”=”2099-12-31T23:59:59Z”

このようになっていればオッケーです。上書き保存しましょう。

いざ、更新停止!

保存したファイルを実行しましょう。すると、このような画面が出ますがビビらずに「はい」

この画面も「はい」をクリックします。

今度は「OK」をクリック。これで半永久的にアップデートが止まったはずです。確認しましょう。

Windowsアップデートの画面を開きましょう。開きっぱなしだった人は一度閉じて開きなおします。さぁどうですか?

更新を再開したい時は「更新の再開」をクリックしましょう。クリックすると、そのままWindowsアップデートの更新が始まります。

2100年じゃ短いですか?大丈夫ですよ。今使ってるパソコンがそこまで動いていないですから。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次